マハリクマライア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ旅行記~懐かしい街~


マライアです。






道民にとっての暑さの限界を超えております。

やはり北緯43度以北が、私の適地でございます。

永住するなら北緯43度以北に………国は問いません。笑





そしてまたも間があいてしまいましたが、

今夜は北緯43度の街。

フィレンツェへ行ったお話を





ヴェニスをあとにし、

列車に揺られ揺られ……



やって参りました…



3年ぶりのフィレンツェ!!!








IMG_1163.jpg




そうそうこの景色。

街中に突如現れる巨大な建造物、ドゥオーモ。



R0022632.jpg



フィレンツェは私が生まれて初めて行った日本以外の外国の街。

何もかも衝撃的で、

どこを見ても感動して、

そして普通の建物が並ぶ通りを歩いていると、

突然超巨大なこのドゥオーモ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂が。



なんというか、この光景がとっても印象に残ったんです。

本当に突然、

超巨大な建物が超不自然に登場して、



なんやねんこれ!!!でっかーーーーーーー!!!(心の声)



って感じ。笑




大げさな言い方かもしれないけれど、

本当に夢の世界にいるみたいな気持ちでした。


見たことのない街並みに、

こんなにたくさんの外国人の中に自分がいて……むしろ自分が外国人になるなんて、

味わったことのない感覚。





3年という時間が過ぎて、

1人で海外を旅するようになり、

あの時と同じ感覚にはなれなかったけれど、

あの時とまた違う、




"大好きな街に戻ってこれた…"



という、

嬉しくてあったかい気持ちになりました




R0022652.jpg



このこをなでなですると、

またここに戻ってこれると聞いて、

3年前になでなでしたんだっけ




R0022655.jpg



あぁ…ここここ!!!!



初めての外国で、

ホテルに着いても気持ちが落ち着かず、


「散歩してきてもいいですか!!!???」


なんて言って、

近かったこの広場に来てたっけ。



なんでメリーゴーランドがあって、

どうしてこんなにおとぎ話みたいな空間になってるんだろう…



そんなことを思いながら、

石のベンチに座ってひたすらこの景色を眺めていました。





この日も、同じように石のベンチに腰をかけてみる。

景色の見え方が違う。



同じ景色のはずなのに、

その瞬間に感じることって言うのは、

一緒にいる人、その時の心境、状況、気温に匂いに…

どれかが違えば、また全然違う景色になるんだなぁ…。






R0022642.jpg


ポンテヴェッキオも3年ぶり。









小腹がすいて………







IMG_1181.jpg


うおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!!

パニーニうますぎるーーーーー




いつもの一口食べてパシャリ…の、

一口では止まらず、

がっついた後のパシャリでごめんあそばせ……笑



なにせね、

この貧乏旅。

同じ値段で買える街中の軽食類でもね、

食べもののクオリティは街…いや、国によって全然違う!!

このイタリアさんのクオリティの高さ!!!!



くぅぅぅ…涙が出そう…笑



皆さま、

イタリアの食のクオリティは高いです。

でもね、

日本の食のクオリティも相当高いですよ

これは絶対世界に誇れる






パニーニをかじりながら、

懐かしい思い出にひたり街をぷらぷら



この後ウフィツ美術館に立ちより胸もいっぱいにして、

さぁいよいよ、

大好きなみんなに会いに行きます









◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

maraia photographyがスタートいたしました

rogo.gif
http://maraiaphotography.com

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

Twitter…http://twitter.com/akane_maraia

fotologue…http://fotologue.jp/maraphoto/

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●





ヨーロッパ旅行記~ヴェニスを見て死ね~


マライアです。







スロヴェニアにいたと思ったら高野山へ飛んだり、

あっちゃこっちゃ時系列めちゃめちゃに飛びまくっておりますが、

また、ヨーロッパへ戻ります。笑






さてさて、

ブレッドで心も体も癒されて、

いよいよスロヴェニアともお別れの時がやって参りました…。



リュブリャナを出発する列車は夜遅く。

なのでその前に、

どうしても食べておきたいものがあった………

それがこれ……






IMG_1090.jpg




トルネードポテト!!!

マクドナルド@リュブリャナ駅前店!!!笑





着いた時から気になっていたんです…

このトルネードポテト。





マックは極力避けたい…

旅において、異国の地でのマックは逃げである…





こないだブダペストでは建物の誘惑に負けて行っちゃったし、

もう行かないと決めていたけれど………





ポテトにはかなわない!!!





そう、

私はいも女。

こんなめあたらしいポテトを目の前に、

避けることなどできない!!!!


と、いうことで、この日の晩御飯はこのトルネードポテト







おいもさんを食し、

さぁ、ホームへ。





R0022564.jpg

ここまでされたら、もう消す気も失せますわ…笑






そんなド派手落書き列車を横目に、

さよなら…

スロヴェニア、リュブリャナ…

R0022566.jpg







これから朝まで列車に揺られます…

次に向かうは…




イタリア




まりちゃんさんとファビオ、そしてゆうちゃんに会いに行くのだーーー

目指すはフィレンツェのお隣、プラート






しかしその前に……






R0022567.jpg


朝焼けの中に見えてきた街………







誰かが言った…






「 ヴェニスを見て死ね 」

と。






なら私はまだ死ねない!!

だってヴェニスを見てないもの!!!!









R0022615.jpg


てことでドーーーーーーーン!!!!!



寄り道ヴェニス






ただし、

ここはあくまで乗り換えの時間を利用しての寄り道なので、

滞在時間は3時間!!



いられる時間内に、めいっぱい散策してみよう





R0022586.jpg


R0022594.jpg



しばらく東側の国にいた為、

空気感の違いを感じる。



曇り気味なお天気とはいえ、

やっぱりイタリアはイタリアだなぁぁぁ





初めて行った外国は、お仕事で連れていって頂いたイタリアでした。

ひよこじゃないけれど、

初めて見たものを親だと思うようなあの感じ、

イタリアはやっぱり私にとっては、いつまでも思い出深い特別な国

なんだかほっとする











ヴェネチアでは、車の通行が禁止されています。

なので、

乗り物や移動は、水路を利用してのボートや水上バス。



R0022612.jpg


ボート上の八百屋さん


こんな光景もヴェネチアならではなんだろうな。








あてもなくぶらぶらとしているとあっという間に時間はたち、

そろそろ駅に向かわなくちゃ。





が…





み…道に迷った………







私はヴェニスに無知過ぎた…笑


こんなにも道が入り組んでいるなんて、

知らんかった……





さぁ、困った。

どっちに行けばいいのか、本当に分からない。笑






私「すいません、サンタルチア駅はどっちかわかります?」


Aさん「あっちよ^^」





てくてくてくてく………

全然駅の気配がない………





私「すいません、サンタルチア駅はどっちかわかります?」


Bさん「そっちだよ^^」






てくてくてくてく………

さっきの人と逆っぽいけど大丈夫かな………






私「すいません、サンタルチア駅はどっちかわかります?」


C「こっち^^」






全員方角違ーーーーーーーう!!!!!笑





さすがイタリア人。笑

親切にしてくれたい気持ちはありがたい、とても。

だがしかし、

自由すぎるんだよ。笑





4人目にしてやっと、


「あの看板が駅を示してるから、あれをたどっていけば駅に着くわよ」


的確な指示、ありがとう!!!!




この時ばかりは本当に焦りました。笑

本当に列車に乗り遅れるかと思った……





R0022570.jpg


無事、駅到着






急いで座席予約をしに窓口へ!




私「ミラノ乗り換えでフィレンツェまでお願いします(片言英語)」


お兄さん「ok……………ジュウ、ユーロデス」


私「yes…10…Euro……………え!?じゅ、じゅう???」





お兄さん、にんまり…笑




日本語しゃべれんのかーーーーーーーーーい!!!!!!!笑







あぁ…好きです、イタリア。笑



◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

maraia photographyがスタートいたしました

rogo.gif
http://maraiaphotography.com

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

Twitter…http://twitter.com/akane_maraia

fotologue…http://fotologue.jp/maraphoto/

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●





ヨーロッパ旅行記~ブレッドへ~


マライアです。






おとぎの街、リュブリャナ。




以前プラハで知り合い、

入れ違いでスロヴェニアを後にしていた旅人から、




「リュブリャナにいるならブレッド湖は絶対に行った方がいいよ!!」




というメールが。




はて?

ブレッド湖と言うのはそんなに絶賛な場所なのかしら?


スロヴェニアでは絶対にここに行こう!!

という場所は、

特に決めていなかったので、

早速行き方を調べて、翌日早朝出発で行ってみることに!







早朝。

ブレッド湖行きのバスに乗りこみ、

街を抜け、

霜で雪が積もっているかのように真っ白になった田園風景を見つめながら、

バスはどんどん山の中へ。




バスに揺られ揺られて着いたところは………









R0022394.jpg



山に囲まれた美しい湖、

これがブレッド湖かあぁぁ





真ん中に見えるのは教会。

湖の真ん中に小さな島、ブレッド島があり、

ぽつんと教会がたたずんでいます。





R0022401.jpg


そして崖の上にはブレッド城。


こんなところによく建てたなぁ…。



  






気持ちの良い朝。




湖畔を少しお散歩してみる。





R0022386.jpg

カエルゴミ箱





R0022441.jpg

野良白鳥。




R0022449.jpg

「何かご用でも?」







とか言ってるみたい。笑





名称未設定 18

画になるなぁ…。










そしてこれ!!!!

見てください!!!!!

分かりますでしょうか??



R0022419.jpg


お陽さまの当っている部分は霜が溶けているけれど、

陽影の部分はまだ霜が。


R0022420.jpg


あまりにもくっきりだったから、

思わず綺麗なぁ…

と、足を止めてしまいました。




日向ぼっこしているカモも気持ちよさそう










そして、謎の線路らしきもの。

R0022426.jpg


なんだろう?

島まで続いてるのかな?

昔は何に使ってたんだろう??

















IMG_1113.jpg

気持ちのいい朝のお陽さまのぽかぽかを感じながら、

湖畔のベンチで朝ごはん




毎度毎度、

本当に申し訳ないです…。

わざとじゃないんです…。

無意識なんです…。

気付くと、





ひと噛みした後なんです…。笑




美しいブレッド城を背景に、失礼致しました。笑











ではでは、

朝ごはんで腹ごしらえもできたし、

行ってみよう!!

ブレッド城へ








R0022427.jpg


見た感じで分かってはいたけれど、

やっぱり遠い。

と、言うか、

高い。笑





ひたすらこんな感じの階段を登る登る登る。




寒いはずなのに、

額に感じる、汗。笑




でもだんだんと見えてきた………











R0022437.jpg


山頂まで到着………







R0022431.jpg


お城の入り口までやってきて……………

















R0022434.jpg

お城から見えるこの景色…!!!







あぁ………

ここにお城を建てた気持ちがわかる気がする…。

こんなに贅沢な景色…。

幸せよなぁ…。








やっぱりスロヴェニアの自然は美しい。

リュブリャナでも自然と街の繋がりを感じたけれど、

ここブレッドも、

自然がすごく生きている



大好きな北海道を思い出します…。




やっぱり私は、自然がないと生きてゆけない。

私だけじゃなく、

人間は自然がないと生きてはゆけない。

自然の前に、人間は無力なものだなぁ…。





この日は1日ブレッドでのぉーんびり。

心から、癒された1日でした




◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

maraia photographyがスタートいたしました

rogo.gif
http://maraiaphotography.com

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

Twitter…http://twitter.com/akane_maraia

fotologue…http://fotologue.jp/maraphoto/

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●





ヨーロッパ旅行記~おとぎの国~

マライアです。









陽の暮れだしたリュブリャナの街………




なんだなんだ………




R0022337.jpg


だんだん街がモヤやってきた……



R0022481.jpg


そのモヤはどんどん濃くなってゆき、

あっちの橋が見えない!!

までに。



R0022487.jpg


車のライトもスモークをたかれたように反射しています。





この写真たちでは分かりにくのですが、

実際にはもっともっと濃い霧が街中を包んでいて、

写真に写っている橋なども、

肉眼では本当にかすかにしか見えないんです。

リアルに10m先が見えない位の、濃霧!!!




私にとってこんな濃霧は初めてだったので、

なんだか妙にテンションが上がる



テンションが上がり、

この霧の街をひたすら散歩









すると……………











R0022375.jpg


R0022505.jpg





なんてロマンチック



おとぎの国だぁぁぁぁ





R0022501.jpg




ほんとにちょっと、

写真では写りすぎていてあの感動が薄れてしまうのですが、

しつこいほどにいわせて頂きます……




10m先の見えないほど、濃霧なんです!!笑





夜、

ただただ街中を散歩しているだけ。

それだけで、こんなに幸せな気持ちになるなんて。




この霧を分かっているからそうしているくらいに、

川と橋のあたりは色鮮やかなライトで照らされていて、

他もまぁるい街灯が点在し、

霧の中でお月さまのようにぼんやりと浮かんでいる。

川べりでは等間隔にある街灯の光が霧と、川面に反射して、

なんだか2つの世界が存在しているような、

不思議で幻想的な光景。




これから先、

ロマンチックなおとぎ話を読んだなら、

この街の景色を一番に思い出すと思います。





夜も更けて、

胸いっぱいでホステルに戻ると、

オーナーのお姉ちゃんが珍しく来ていました。

私、

この感動を誰かに伝えたい…

でも誰もいないから…

このねーちゃんにぶちまけるしかない…!!!




「アメーーーージング!!!!」




思わず口から飛び出してしまったけれど、

これに続けられる英語を私は知らない。笑





気がふれたか…

と、一瞬フリーズするお姉ちゃんに、



「霧がすごくて、もうとっても綺麗で綺麗で、私感動したんです!!」



というようなことを、

超片言で伝えると、

一瞬 "え?" みたいな顔をされる。

そして、




「あなた知らなかったの?この街じゃしょっちゅうよ」



実は、このリュブリャナという街の地形と、

周りの環境に秘密があったらしい。


お姉さんが、分かりやすく、優しく説明してくれました。


このリュブリャナという街は、

ちょうどお椀のような形をしており、

周りには川、

そして大きな湖に囲まれている為、

空気中にある水分がお椀の中にたまりやすく、

その為、

朝や夕方は特に、濃い霧が発生するのだそうです。




なるほど。



自然からの贈り物。






翌日。






R0022527.jpg


R0022528.jpg



坂をのぼり…

階段を上り…





R0022535.jpg


霧の晴れてゆく山道を登ってゆくと、

おひさまが照りだすのと同時に、




ぽたぽた…




ぽたぽた………




あれ?

晴れてるのに雨??







違うんです。






そう、

昨日の霧の水分は、

木々に付着し、

夜には冷え込むリュブリャナの気候により、

夜の間に霜になり、木々を凍てつかせます。



それが陽の光を浴びて溶け出し………




名称未設定 32



雨のように降ってくるんです





あぁ…………

なんて美しいんだろう…。



リュブリャナがこんなに自然と密接した、

美しい街だったなんて…。







山頂に着き、街を見渡す。




R0022299.jpg


お昼に近ずくにつれ、

だんだんと霧が晴れてゆきます。




R0022312.jpg


屋根の修理中。



赤い屋根の町並みは、

大好きなプラハを思い出しました。






美しくって、

ここにいられることが嬉しくて、

泣けてきそう…。




大好きな街が、また一つ増えました。







◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎

写真展を開催いたします


maraia写真展「東へ- Společně zpívat, píseň osudu člověka - 」

[場所] 神戸ファッション美術館4階ギャラリー
    〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1TEL 078-858-0055
          
[期間] 4月22日(月)~4月30日(火)

[時間] 【OPEN】11:00~18:00 【CLOSE】水曜日


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎

maraia photographyがスタートいたしました

rogo.gif
http://maraiaphotography.com


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

Twitter…http://twitter.com/akane_maraia

fotologue…http://fotologue.jp/maraphoto/

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●





ヨーロッパ旅行記~リュブリャナ上陸~

マライアです。





美しきブダペストを後にし、

やって参りました、

スロヴェニアの首都、リュブリャナ


よく間違われがちですが、

スロヴァキアではなく、スロヴェニア


位置的には、

ハンガリーの左側で、オーストリアの真下、イタリアの右で、クロアチアの上でございます。




分っっかんねーよ!!



と、思った皆様、

世界史、もしくは地理を高校からおやり直しなすって!!



...なんつって。笑

分かりにくくてすいません・・・笑




私も今まで馴染みがなかったので、

特に下調べもせず、滞在も4日ほど。



が!!!!



私は間違っていた…。

リュブリャナという街を、知らなすぎた……

この日、初日から私はリュブリャナに魅せられることとなります…


そのお話はもう少し後にして……





リュブリャナ駅について、

いつものごとくホステルを探さなくてはいけません。




R0022281.jpg



通りすがった建物の前では、

テントをはって泊まり込みでの抗議かな?

怒ってる感じは垂れ幕から感じます。






歩いて歩いて、見付けだしたホステルの住所。







建物の前について、

私は再び悟った………





ここも絶対お家ホステルだ。







R0022277.jpg




そしてもちろん、






エレベーターはない。






このらせん階段をですね、

合計3、40キロの荷物をもって、

ひーひーいいながら登るわけですよ。




軽く筋トレ。笑



外は寒いんですけどね、

部屋の前に着くころにはおでこににじむ汗。笑



R0022276.jpg


到着






チャイムを押すと、

若いお姉ちゃんが出てきて、

お部屋の簡単な説明。





「ラッキーね!今日はあなた一人よ




R0022274.jpg




2部屋に2段ベッドが3つ。



中はやはり、完全にアパートのひと部屋。

そしてやはり、

オーナーのお姉ちゃんは、

お金だけ受け取り去っていった。




私のお家だーーーー



やったーーー



中を見て回り、自分の部屋から窓の外を見ると…





R0022510.jpg







!!!!!!!






R0022509.jpg




なんか言いたげ!?






有名な建築家の建物だそうですが、

滞在中、

私は外を見るたびに彼女と目が合うような気がして、

結構ビビってました。笑







ではでは荷物を置いて、

街に出てみよう





R0022290.jpg



街は結構静かで、時間がゆったりと流れていました。




R0022288.jpg


お店の前にはおもしろいテーブルも








R0022278.jpg


リュブリャナのシンボルでもあるドラゴンがあしらわれた、

リュブリャナ川にかかる橋、

ドラゴンブリッジ。






リュブリャナは若い人の多い街らしい。

学生の割合も高く、

美術館やギャラリーも結構多い街なんだそうです




R0022322.jpg


やはりそうなるとグラフィティも多い。





R0022466.jpg


R0022328.jpg


自由恋愛推進

えぇこっちゃ




IMG_1077.jpg

トモダチーーーーー



じゃないか。笑






R0022325.jpg


この人……


R0022336.jpg


いろんな場所で、泣いてました。






グラフィティ…

というか、

落書き?笑



あまりクオリティは高くなかった。笑







こうして街中をぷらぷらしていると、

だんだんと陽は暮れてゆき…………




異変に気付き始めた私…



あれ?

あれあれ…???








続きは次回に…




◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎

写真展を開催いたします


maraia写真展「東へ- Společně zpívat, píseň osudu člověka - 」

[場所] 神戸ファッション美術館4階ギャラリー
    〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1TEL 078-858-0055
          
[期間] 4月22日(月)~4月30日(火)

[時間] 【OPEN】11:00~18:00 【CLOSE】水曜日


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎

maraia photographyがスタートいたしました

rogo.gif
http://maraiaphotography.com


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

Twitter…http://twitter.com/akane_maraia

fotologue…http://fotologue.jp/maraphoto/

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●





«  | HOME |  »

画像が表示されない場合の代替テキスト

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

maraia

maraia



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。