マハリクマライア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「メモリーズコーナー」

マライアです。





先日27日水曜日、

映画「メモリーズコーナー」の試写会&レセプションパーティーの撮影に行ってまいりました。



T0016669p.jpg




「メモリーズコーナー」は2011年に制作された、

阪神淡路大震災から15年たった神戸が舞台の映画。



震災後の「孤独死」に興味を抱いたフランスの女性記者が、

神戸・淡路を取材してゆく中で不思議な出会いをします。


その出会った不思議な男を阿部寛、

通訳役の西島秀俊、

他にも倍賞美津子、そして「譜めくりの女」や「ある子供」で知られるフランス人女優、

デボラ・フランソワなどが出演する、

不思議であとを引く映画です。




現在東京や大阪ではすでに公開中ですが、

3月9日~の神戸での公開に先駆けて、

この日試写会&レセプションパーティーが行われました。



107.jpg


監督のオドレイ・フーシェ監督がフランスから来日。





118.jpg


まだ若い監督ですが、

撮影時2010年~2011年、こんなにヒットする前の西島秀俊さんを起用したり、

演技派の阿部寛さん、倍賞美津子さんを起用するなど、

目の付けどころがすごい!


そして、制作のきっかけに関しても、

知り合いである日本人の方が実際に震災で被災し、

また自身の誕生日が1月17日であることに運命を感じたそうです。



映画に対しても、

制作に対しても、

とても情熱のある方だと感じました。





そして試写会後のレセプションパーティーでは、

監督に話を聞きたい方がこんなに!


295.jpg


289.jpg


皆さん1人1人に対して、

真剣に話を聞き、

真剣にお話をする監督の姿が印象的。






レセプション後の打ち上げでも、

映画制作のきっかけや役者さんのお話などを熱心にされていました。


376.jpg






2011年に完成していたものの、

様々な事情で公開が先延ばしとなっていた「メモリーズコーナー」


この映画の公開が実現し、

こうして大々的にイベントが行われた裏では、

神戸を心から愛している方々の努力も感じました。


神戸外の人間である私でも、ひしひしと感じるほど、

この映画が神戸で公開されることには大きな意味があるんだな…と伝わってきました。


フランス人でありながら、

神戸が大好きだという監督も、

沢山の苦労やはかり知れない思いを込めて作った映画が、

やっと沢山の方々に見て頂けると思うと、

どれだけ嬉しいことかと思います。




映画は是非沢山の方々に見て頂けたらと思いますが、

映画の中で触れられる、


“魂のあり方”


のような発想は、

西洋と東洋での考え方の違いを感じたり、

全体的に漂う詩的な雰囲気は、

見た後も余韻を残します。


当時神戸で震災を経験された方にとっては、

沢山の思い入れをもって見て頂ける映画だと思います。







この日、撮影として関わり、

表現者としてのオドレイ・フーシェ監督の思いや、

情熱を感じることが出来、とてもいい刺激をもらいました。



気さくな彼女のチャーミングさも、

とっても素敵でした

彼女の次回作も楽しみです



そして、

「メモリーズコーナー」

神戸での上映は、

元町映画館にて、3月9日~22日まで。


元町映画館 http://www.motoei.com/index.html

神戸市中央区元町通4-1-12
TEL&FAX:078-366-2636





是非ご覧になってみてくださいね



◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

maraia photographyがスタートいたしました

rogo.gif
http://maraiaphotography.com

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●

Twitter…http://twitter.com/akane_maraia

fotologue…http://fotologue.jp/maraphoto/

◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maharikumaraia.blog58.fc2.com/tb.php/208-d01547d6

オドレイ・フーシェ監督インタビュー:映画「メモリーズ・コーナー」(公開中)について

阪神大震災後の被災地を舞台にしたフランス映画「メモリーズ・コーナー」の主演阿部寛さんに続き、オドレイ・フーシェ監督にもお話を伺った。/シネマート六本木にて2013年4月29日(月

 | HOME | 

画像が表示されない場合の代替テキスト

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

maraia

maraia



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。