マハリクマライア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグフィッシュ

マライアです。



昔、1年に365本の映画を見よう!!

と、手当たり次第に映画を見ている時期がありましたが、

年々映画を見る本数が減ってきているな…

と、感じます。



これはいかん。



356本はとても無理な本数ですが、

映画って私にとってとっても大切なもの。

今年は少しでも多くの作品をみよう



ということで、

過去に4、5回は借りながらも、

結局見れずに返却…

を、繰り返しに繰り返してきた作品。





BIG_FISH_2003_01.jpg



img_0.jpg



2003年に公開された映画、ビッグフィッシュでございます

いつも気になりながら、気付けば公開から12年!!!笑

やっと見ることが出来ました




ご存知の方も多いかと思いますが、

この映画の監督は、ティム・バートン。

今月末からグランフロントでティム・バートン展も開催されますよね。



「シザーハンズ」や「The Nightmare Before Christmas」、「チャーリーとチョコレート工場」なんかがとっても有名ですが、

このビッグフィッシュも、

ティム・バートンらしい美しいファンタジー……



なのですが、



ちょっと珍しく、

肌身で感じるような現実も織り込まれています。



現実と夢の世界を行き来するような、

そんな淡くてキラキラとした、そしてちょっと切ない映画です。



これから見る方もきっといらっしゃると思うので内容には触れずにいようと思うのですが、

基本は、父親と息子の関係が主軸になっています。

なかなか分かりあえない親子が、雪解けのように徐々に理解し合ってゆく物語。



そして、それを取り巻く世界観が本当に美しい。

登場するキャラクターがみんな愛おしい!!

突拍子もない展開やありえないお話も、

全部が最後にまとまって、

とってもあったかい気持ちになります



じっくり見ていると、

登場人物が節々に発する言葉にも、

様々な深い意味を感じます。



比喩的に用いられる人やことがらも、

とても詩的で美しい。



物事の捉え方って人それぞれ。

現実に忠実に地に足のついた物の見方は絶対に必要だけれど、

それだけでも、なんだか物がなしい。



人を楽しく、ハッピーな気持ちにさせられるなら、

そんな色眼鏡で世界を見てみたいと思ってしまいます




見たことのない方は、ぜひこの機会に

きっと、あったかな気持ちになれるはず



◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●


maraia photoarts http://maraia.jp


◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●



スポンサーサイト

 | HOME | 

画像が表示されない場合の代替テキスト

« | 2015-02 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

maraia

maraia



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。