マハリクマライア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マライア上京する…その1

マライアです。




江戸より帰還し、

今年もこの季節がやってきたんだなと実感…

何せ北国育ちなもので、この季節になると毎年体調を崩します…。

今年も例外なく、むしろ例年よりハードに体調を崩し、

日曜から2日間、熱と頭痛と滝の汗と闘いながら、

川崎病院という名のカリン様から、

点滴という名の仙豆を補給していただき(THEドラゴンボール世代)、

やっと復活しかけております。



そして!

今回の東京。

相変わらずつめつめのハードスケジュールではありましたが、

とっても内容の濃い上京となりました

まず初日。


この日はギャラリーや美術館をまわったのですが、

今まで銀座といえばNIKONサロンをメインで見ていて、

今までどうして気付かなかったんだろうという素晴らしいギャラリーを今回見つけてしまいました

そこは、

NIKONサロンともすぐ近く…


資生堂ギャラリーでございます。
http://www.shiseido.co.jp/gallery/


今回の展示はこれ。


hold_tit_01.jpg


チェコ写真の現在を紹介した、日本初の展覧会!

チェコの首都プラハは、1900年代初頭から前衛芸術運動が行われるなど、

東欧諸国の中では芸術運動の中心といえるような街であります。

そんなチェコの写真家、10人の作品を紹介したエキシビジョン。


hold_img_03.jpg

hold_img_05.jpg

hold_img_07.jpg

hold_img_02.jpg


自分が生まれる前の写真もあるのですが、

やっぱり凄いと感じるのは、

人を感動させられる作品は、

時間がたっても全く錆びずに、今でも人を感動させ影響を与え続けられること。


斬新な構図に刺激を受けつつ、その作品の空気やテーマをよみとくこと。

見ているだけでまた一つ勉強になりました。



その後、一度行ってみたかった…

というか見てみたかったもの。


ゴッホのひまわり


であります


ロンドンのナショナルギャラリー、

アムステルダムのゴッホ美術館。

この2か所で、おなじモチーフ。

花瓶にさされたヒマワリを見たことはあるのですが、

日本にも1枚だけある!

というのを知ってから、見たくて見たくて仕方なかった!


そこはというと、

東郷青児美術館
http://www.sompo-japan.co.jp/museum/

場所は新宿なのですが、

なんとビルの42階にあるんです!!


R0015138.jpg

R0015135.jpg


雲が多かったので見づらいですが、

新東京タワー、東京スカイツリーも見えていました



そして念願のゴッホ!!!!



あえて画像はのせませんが…

今まで見たヒマワリで、私は1番感動しました…

かんっぺきなんです!!

他の人がどう感じるかは別として、

私にとってはここのヒマワリが完璧で格別

私が見た他の2枚より、色のトーンは渋めで、

ちょっと落ち着いた…というか暗めな感じ。

でもすごくすごくひきつけられて、離れるのが寂しいくらい好きな1枚でした。

これはぜひ、

見に行ける方は直接見てほしい!!

このヒマワリは東郷青児美術館の常設展なので、いつでも見ることができますよ


本物は直接なまで見る!


これは絶対に大事!

私が心がけていることの一つです。



この日最後に行った、

国立新美術館
http://www.nact.jp/


ここでは今、


「マン・レイ展」

R0015145.jpg





「オルセー美術館展2010」

R0015144.jpg


が行われております。


この美術館、

実は初めて行ったのですが、

作りがすごい!!


R0015141.jpg

R0015143.jpg


波打つガラス張りに三角錐がひっくり返ったような打ちっぱなしの柱。

こんな素敵デザインの美術館があったんだなぁ


が…


写真の通り、


人人人人人人人人人人人人人人人人人人………


人混み嫌いの私、


オルセーの方なんて、

展示館場内は大渋滞!

人の列に人が重なり、さらにもう一列…

割り込めもしないし背伸びしても見えない


多分、誰よりも早く会場を出てしまいました。


ただ嬉しかったのは、

一度どこかで見たことのある作品との再会


ゴッホとゴーギャンの作品の中の数枚は以前に見たことのあるもので、



「おおぉ!久しぶりー!」



みたいな不思議な感覚。笑

人でもないのに、知り合いと久々に会って嬉しい感覚と似ています



もう一方のマン・レイ展。

今回じっくりマン・レイの作品と向き合ってみて…


私、マンレイの作品は好みではない。


ということが判明。

もちろん素晴らしい作品は沢山あるし、

好きな作品もあるけれど、

なんだか心の中にしっくりとこない…染み込んでこない…


こういう感覚を知るのもきっと大事なんだな。


何が自分にしっくりこなくて何がしっくりと染みてくるのか…。


それがもっとちゃんと分かってきたなら、

私の心が求めてる表現ももっと明確に分かってくるはず…。




ギャラリーも美術館も他にたくさん周り、

芸術鑑賞をどーーーっぷりと楽しんで、

このあと向かうは…



月島でございます


スポンサーサイト

 | HOME | 

画像が表示されない場合の代替テキスト

« | 2010-07 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

画像が表示されない場合の代替テキスト

maraia

maraia



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。